読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私、あなたはあなた。みんな違ってみんないい。

2度の精神病院の入院を経て今思うこと

amazonという強敵と戦おうとしている方へ

先日、アマゾンが生鮮品の分野にも

出店するという話を見ました。

 

アマゾンはどんどん日常生活に

当たり前になってくるのかなー

なんて感じる今日この頃。

 

実家が農家で

コープさんに野菜を販売してもらっている身としては

少しアマゾンが怖いなって思ってます。

 

コープさんが終わってしまうと

我が家も新しい搬入先を見つけなくなってしまうから。

 

なーんてことを考えていた矢先

以前、買った本が出てきて久々に読んだら

まるで時代を予言していたかのように

今の私にぴったりの内容がザクザク出てきました。

 

アナログに戻ろう

別に不便な昔に戻れと言っているわけじゃない。

デジタルはとってもいいもの。

デジタル技術が無ければ

私はこうして自分の思いをあなたに届けることが

できないから。

 

だけど、だからこそ

使い方が大切になってくるんだと思います。

 

何を当たり前のことを

と言われてしまうかもしれないけれど

 

私にとって

それは頭では理解していても

今までは

体感として実感できていなかったからこそ

忘れないようにここにメモしておきます。

 

アナログってどういうこと?

私にとってのアナログは

 

目の前の人と心を通わすこと

 

今、セルフレジとかが導入されていて

それが悪いわけじゃないんだけど

 

私は、対面でお互いに「ありがとう」を

言える自分でいたい

 

対面で相手と顔を合わせて

いろいろお話する時間を

これからもっと大切にしたい。

 

アマゾンと競争しなければいけない

商売をされている方へ

 

一緒に目の前の人におせっかいをする

当たり前の商売を目指しませんか?

 

心配は

心を配ること

 

あなたの心配りが

日本を

社会を

目の前にいる人を

変えるかもしれません。

 

私も日々実践。

一緒に実践していきましょう。