読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は私、あなたはあなた。みんな違ってみんないい。

2度の精神病院の入院を経て今思うこと

文字の凄さー「手紙屋」を読んでー

何年も前に買って

読んでいなかった本を

久しぶりに読んだ。

 

読み終わり

振り返って読書ノートを

つけようと思って

付箋をつけたところを見返してみると。

 

『あなたの能力は、今日のあなたの行動によって、開花されるのを待っています。』

喜多川泰さん著 「手紙屋」より

 

この一文に最初付箋をつけた時は、

なんとなくいい言葉だから付箋をつけただけだったと思うんだけど

読み返してみて

「才能」ではなく「能力」って表現しているところに

凄さを感じました。

 

読書ノートをつけているときに

そういえば明確に「才能」と「能力」について

辞書引きしたことなかったなってことに気がつき

辞書引きしてみると・・・

 

才能

物事をうまくなしとげるすぐれた能力

技術・学問・芸能などについての素質や能力

 

能力

物事を成し遂げることのできる力

 

 才能っていうと、すぐれたもの。

自分に備わっているのかなって思ってしまったり

自分には才能なんて、、、って思ってしまうけれど

 

能力っていうと、物事を成し遂げることのできる力。

あくまでも力。

この力を開花させたければ今日の行動を変えていけばいい。

今日、行動をしないのならば

その力は眠っているだけ。

 

そう考えると一文字の違いが

大きな違いになるな。

 

作家さんってすごいな。

喜多川泰さんってすごいな。

 

読書の記録として更新。

 

ご興味のある方は読んでみてね!

f:id:tenohiranokanousei:20170510213348j:plain

こどもの頃の純粋さを取り戻したいあなたへ

昨日、5月5日はこどもの日でしたね!

 

私は、たまたま見ていたfacebook

友人の投稿にハッとして

以前読んだ本を読み返しました!

 

友人の投稿に書かれていた言葉は

 

こどもの日

こどもだった大人が

こどもの気持ちを考える日

どうしたら幸せになりますか?

 

この投稿を見て

無性に読みたくなった本がこちら。

 

f:id:tenohiranokanousei:20170506134057j:plain

 

松尾健史さんの

「I met a boy.父の日に、バンビ公園で。」

2008年に出版された本で

読書のすすめさんで購入したもの。

 

松尾さんの3作目の出版記念講演会に行った際に

サインしてもらった大切な本。

 

f:id:tenohiranokanousei:20170506134049j:plain

 

どうやらもう読書のすすめさんでは

販売されてないよう、、、。

残念。。。

 

 

簡単なあらすじを言うと

冴えないサラリーマンの僕のところに

小学生の僕が会いに来るという話。

 

なんだけれど

これを読んで今回感じたのは

 

「私は、あの頃の純粋さを忘れてない?」って問いかけでした。

 

苦しい時

悲しい時

 

私は、文字にすることはあっても

読み返すことってあんまりないんです。

でも、何年か前に

人生で1番辛かった頃の

手紙というか文章を読む機会があって

 

その時の自分は辛いはずなのに

読んでいて涙が出るくらい純粋だった。

 

こどもだったからかもしれないけれど

それでも、純粋だった。

 

こどもの頃の純粋な気持ち

 

いつから忘れてしまうのだろう?

 

あなたは、純粋だったこどもの頃の気持ちを

覚えていますか?

 

そして、いつか振り返った時に

今の私の気持ちも

純粋であるといいな。

 

年齢を重ねても

人に優しく、自分にも優しくなれた

私でいたい。

 

今日の私から

未来の私へ

手紙を書いてみようかな♪

 

「手紙はね、直接口で言うよりも、人の心を動かすことがたくさんあるんだから。普段は伝わらないことも、心をこめて手紙を書くことで、しっかりと相手の胸に届くのよ」

   I met a boy.父の日にバンビ公園で。より

 

 

 

縁がつながる

GWの昨日は、中野で開かれた

おせっかいホームパーティーに参加してきました!

 

それもこれも

一般社団法人おっせかい協会会長の

高橋恵さんとのご縁のおかげで

参加させていただきました。

 

いろいろな方に出逢えたことはもちろん

幸せなことでしたが

それ以上に

恵さんが私のことを心配して

お声かけしてくださった優しさや

私に必要な方を繋いでくださる

あたたかいおせっかいの心に

思わず涙が出そうになりました。

 

人ってあったかいな

 

そんなことを実感させていただいた

ホームパーティーでした!

 

でも、これもお誘い頂いた時に

「遠いし」とか

「あんまりいられないし」とか

「人が多いの苦手だし」とか

理由をつけてお出かけしていなかったら

出逢えなかったご縁。

 

どんなに素敵な縁も

自分が行動していかなければ

繋がらない。

 

最近、尊敬できる人生の先輩方との

ご縁をいただけていることに感謝しています。

 

「天知る、地知る、我知る」

「言ってみる、行ってみる、やってみる」

どれも恵さんから教えていただいた

大切な言葉。

 

私、行ってみることは得意だけど

言ってみるって実は苦手なんです。

 

だけど、今回言ってみてよかった。

SNSを通して言ってみたら

また恵さんと繋がれて

行ってみることができた。

 

次は、私がやってみる番!

 

家族の許可が出たら

自宅でホームパーティーしたいなー\(^o^)/

耆に学ぶを読んで①

先日、読書のすすめさんに行った際に

購入した本を今読んでします。

 

今、読んでいるのはこれ

「耆(ろう)に学ぶ~今に生きる者たちへ」

dokusume.com

 

この中で、執行草舟さんが書かれた文章が

グサグサと胸に刺さってます。

 

飽食と美食、自分と家族だけの幸福追求、己さえよければいい、そういったものが行き着いた先が現代社会の実情です。 

 

 

仕事とはつまり「食う」ということです。そして、家庭は仕事のためにあることも忘れてはなりません。家庭があって仕事があるんじゃないん。仕事があって家庭がある。

 

 特にこの仕事と家庭の話は耳が痛くて

自分一人で抱えるには重かったためブログに

書いてます!!

 

これってまず、しっかりと自分ってものを持つ

ことにつながっているのかなって

私は感じました。

 

私は、おせっかいだけど

やりすぎてエゴイズムになってしまうことが

多々多々あります。

 

振り返ってみると

そういう時は、自分と相手を

客観視できていないことが

とっても多い。

 

仕事とは「食う」こと。

深い言葉に出逢いました。。。

 

 

今日は、これからお出かけです♪

休日を楽しんできます!

損得じゃない出逢い

今日は、以前の職場でお世話になった方が

我が家へ遊びに来てくれました(*^◯^*)

 

ちょうど1年ほど前に退職して

やっと1年前の退職を消化したところでのご縁。

 

1年前にした約束を果たせてよかった♪

約束を果たせる環境を整えてくれた両親

そして、気配りをしてきてくれた元職場の方。

 

仕事が変わっても

お互いの環境が変わっても

仲良くしていただける

ご縁がつながることに感謝です♪

 

ちなみに1年前の約束とは

 

たけのこ掘りでした\(^o^)/

 

 

お母さんの音

17時頃から台所の音がすると

心が温かくなる。

 

いつからだろう。

我が家で夕方から台所の音が消えてしまったのは。

今日は、台所の音が響いてる。

明日はどうかな。

 

台所の音がすると

心があったかくなる。

 

お母さんの音

家族の音

 

いつから我が家から

この音を出すゆとりが

なくなってしまっていたんだろう

 

私が、入院したことと

関係があるのかわからないけれど

 

よかった。

 

お母さんの音が台所に戻ってきた。

 

f:id:tenohiranokanousei:20170429174917j:plain

大人になるってどういうこと?

大人になるってどういうことなんだろう。

 

大人になるって

「結局、世の中は金だ」ということなのでしょうか。

 

結婚してみたらわかる

子供を持ったらわかる

孫を育ててやっと一人前。

 

そう言いながらヘトヘトになってる

大人を見ると悲しくてたまらなくなる。

 

そこまでヘトヘトになって働いて

何をしたいんだろう。

私は、あの人たちと同じ生き方はできない。

したくない。

 

だったら、私は子どものままでいい。

 

私がなりたい大人は

「大人になるって楽しいよ!」

「働くって楽しいよ!!」

って伝えられる人。

 

流されない

潰されない

負けない

 

付き合う人を変えなくちゃ

 

この閉鎖空間から飛び出そう!

 

あやほ